激安キャットフードの危険性

ディスカウントストアやネット販売では、様々な激安キャットフードが販売されています。飼い主にとって、キャットフードは安ければ経済的には大助かりです。まして、複数頭飼っている人にとっては、なおさらでしょう。しかし、「安い」にはそれなりの理由があることを知ることも大切です。

なぜ、安いのか?
答えは簡単です。材料にかかる原価が安いからです。キャットフードの原価に占める割合の多くは、肉などのメインとなる材料です。黒毛和牛とオーストラリア産の牛肉では価格がかなり違いますよね。「美味しいものでなくても良い」と思うかもしれませんが、キャットフードの場合、美味しさ以前の問題があります。特に激安キャットフードには要注意です。

それは、「4Dミート」と呼ばれる肉が使用されている可能性があるからです。4Dミートとは、「Dead(死んだ)」「Dying(死にかけている)」「Diseased(病気の)」「Disabled(けがをした)」の4つのDの頭文字をとったものです。今のペットフード安全法では、どんな肉なのかの表示義務はありません。殺処分された肉がペット用として加工されているのです。食品では禁止されていてもペットフードでは禁止されていません。また、人間の食品を加工する時に、人の食用としては使えない部位は廃棄されますが、それをペットフードの材料として購入するメーカーも少なくありません。

人の食品で使用が認められていないものを愛猫が食べても安全という理由は見当たりませんね。

また、激安キャットフードは、タンパク質の嵩上げのために穀類を多く使用しています。愛猫の健康維持にはタンパク質が不可欠ですが、穀類からの植物性タンパク質は消化吸収が悪いので、十分なタンパク質が摂取できません。

さらに注意したいのが添加物です。激安のキャットフードは、長期保存用に危険な保存料を使用している可能性があります。また、食欲を刺激するために人工の香料を使用したり、飼い主にアピールするために美味しそうに見える人工の着色料を使用しています。これらは、全て販売をしやすくするためのもので、ペットの健康には良い物ではありません。

昔から「安物買いの銭失い」と言います。キャットフードに関しては「安物買いの健康失い」と言えるでしょう。安易に安いからと飛びつかずに、キャットフードの中身を吟味してから買うようにして下さい。

【参考URL】
キャットフードは安くても大丈夫?: http://www.revitalcohen.com/i.html

© 2018