高いキャットフードと安いキャットフードの違い

今やネコちゃんは、犬を抜いて日本で一番多く飼われているペットになっています。キャットフードの市場も年々拡大し、世の中には様々なキャットフードで溢れています。「プレミアムフード」と呼ばれる高級なものから、激安キャットフードまで、価格だけでも大きな違いがあります。では、なぜ同じキャットフードなのに大きな価格の違いがあるのでしょうか?

価格の違いの大きな理由は、原材料の違いです。猫にとってタンパク質は大切な栄養素ですが、タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。安いキャットフードの主な原材料は、「トウモロコシ」や「小麦」などの穀類です。穀類の植物性タンパク質は、愛猫にとっては消化吸収が良くありません。また、穀類はアレルギーの原因にもなるので、穀類がメインのキャットフードはオススメできません。猫にとっては肉や魚の動物性タンパク質が理想です。しかし、穀類と比べると原材料のコストはかなり高いものになってしまいます。この差が商品価格の差にもつながります。

もうひとつ、価格に反映するのが添加物です。安いキャットフードには、キャットフードが腐敗しないように保存料や防腐剤が使用されています。その中には発がん性が指摘されている危険な添加物もあります。また、愛猫の食欲をそそるための香料や飼い主が美味しそうに見えるように着色料も使われています。つまり、「美味しそうで長持ちする」というイメージづくりのために、様々な加工が施されているのです。

価格の高いキャットフードの多くは、「無添加」です。酸化を防ぐために使う酸化防止剤に関しても、人工の酸化防止剤ではなく「緑茶成分」や「ローズマリー抽出物」など安全性の高い天然由来のものを使用しています。当然、原価も高くなります。

さらに良質のキャットフードには、「グレインフリー(穀物不使用)」のものや「ヒューマングレード(人が食べられるレベル)」のものなどがあります。

価格の高いキャットフードは、愛猫の健康を考えて原材料を厳選し、体に害を及ぼす物を排除して作られています。本気で愛猫の健康維持を考えるのならば、良質のキャットフードを選びたいですね。

【参考URL】
高いキャットフードと安いキャットフードの違い: http://www.officialslyandrobbie.com/price.html
激安キャットフードの危険性:http://www.theadstop.com/Content/Showcases/Training/default.asp

© 2018