キャットフードは高価なものの方が安心か?

愛猫の健康維持のために良質のキャットフードを与えたいけど、「値段に見合った効果はあるのか?」と心配になる人もいるでしょう。特に元気な愛猫の場合は、安いキャットフードでも変わらない気がしますね。

健康に影響が出るのには時間がかかります。激安キャットフードでも1ヶ月食べ続けてもなんでもないことが多いでしょう。本当に結果がわかるのは数年間食べ続けた場合です。
「毛並みが悪くなった」「食欲が少なくなった」などの症状が出てきて、実はキャットフードが原因だったと気づくのです。

高価なキャットフードと安いキャットフードとどちらが安心なのか?その答えは簡単です。愛猫の健康を考えるのなら高価なものが良いに決まっています。高価なキャットフードは原材料を厳選しています。良質の肉や魚をメインにして健康を害するような人工の添加物は一切使ってしません。また、安いキャットフードのように嵩上げのための穀類は使用していません。「グレインフリー(穀物不使用)」のものも多くあります。

日本人は、どうしても「国産品」に対する信頼が高くなっています。確かに日本人が作るものは安心で安全なものが少なくありません。しかし、ペットフードに関しては、少し事情が違います。これは、ペットフードに対する考え方が海外のペット先進国とでは違いがあるからです。日本の場合、ペットフードは「食品」ではなく「雑貨」に分類されています。つまり、ペットフードの安全性の基準も「食品」のレベルではありません。食品では使用が認められていない添加物の使用が認められています。

海外のペット先進国では、ペットフードは「ヒューマングレード(人が食べられるレベル)」が基準になっています。このような厳しい基準をクリアしているので価格も高くなります。

本気で安全安心なキャットフードを選ぶのなら、「ヒューマングレード」の外国産のキャットフードがオススメです。但し、少しでも安いものを探して個人輸入のキャットフードを選ぶのは危険です。正規のルートでないと輸送上の保存形態も良くないので、製品の質を悪くする危険性があります。外国産のキャットフードを選ぶ際には、正規代理店から購入して下さい。

高価だから全てのキャットフードが安全というわけではありません。中には値段が高いだけで中身はそれほどでもないキャットフードもあります。原材料や添加物などをしっかりとチェックして、自分で納得してから購入することをオススメします。

参考URL
キャットフードの価格を比較: http://www.catbarrier-4less.com/kakakuwohikaku.html
キャットフードは日本製が安全って本当?: http://www.birou-avocat.com/09.html#contents

© 2018