良質なキャットフードの見分け方

日本人はどうしても国産品を良いものと思いがちです。確かに食品管理に関しては安全性は高いと言えるでしょう。しかし、これは人が食べる食品に関してであって、ペットフードには当てはまりません。国産のキャットフードだから安全という公式は成り立たないのです。

平成21年に施行された「ペットフード安全法」により、ペットフードの基準が明確になりましたが、ペット先進国の欧米と比較するとまだまだ甘いと言わざるを得ません。原材料や添加物などペットに害を与える危険性のあるものの使用が認められているのです。

ペットフードのパッケージには原材料や保存料などが表示されています。この内容を見れば、そのキャットフードが良質かどうかは判断できます。

まず、原材料では、「トウモロコシ」や「小麦」などの穀類がメインのものはオススメできません。穀類は原価が安いので「嵩上げ」のために使用されることが多くなります。また、
猫は穀物の消化が上手くできないので、十分な栄養を吸収できません。また、アレルギーの要因にもなります。

猫は元来肉食なので、肉がメインのものがベストです。但し、「○○ミール」や「肉副産物」のように具体的な肉の名前がわからないものは注意しましょう。食品では絶対に使用しない部位の肉や粗悪な肉が使われている可能性が高くなります。良質なキャットフードでは、「チキン」「ターキー」など具体的な肉の名前が表示されています。

欧米では、「グレインフリー(穀物不使用)」のキャットフードが人気で、最近では日本でもグレインフリーのキャットフードが注目されています。価格は高くなりますが、愛猫の健康のために試してみるのも良いでしょう。

キャットフードに関しては、残念ながら国産神話は通用しません。良質なキャットフードを求めるなら、「良質の肉がメイン」で「グレインフリー」のものがベストです。そう考えると、どうしても欧米産のキャットフードを選びたくなってしまうのは仕方ないと言えるでしょう。

【参考URL】
穀類不使用のキャットフードとは: http://xn--nck1bpe3d4d0i.ws/cat21.html
穀物入りキャットフードのメリット・デメリット: http://hpsdr.org/penelope.html
キャットフードに含まれる成分の中で猫に必要な物は何か: http://www.augustalynx.com/gameday/news/
危険な原材料4Dミートとは: http://www.nortellearnit.org/LearniT/cybersafety_studentvideos/

© 2018